川崎市内、川崎区、幸区のタクシーなら地域密着型のひまわり交通

会社概要

ホーム > 会社概要(沿革)

沿革

1961年(昭和36年) タクシー事業免許認可
1962年(昭和37年) ひまわり交通株式会社設立 資本金1,200万円
タクシー10輌でスタート(ダットサン)
1963年(昭和38年) 村木 喜雄 社長就任
1984年(昭和59年) 現本社ビル完成
1985年(昭和60年) 無線免許認可
2000年(平成12年) 福祉キャブスタート
2003年(平成15年) 第3車庫完成
2005年(平成17年) 第5車庫完成
村木 緑 社長就任
2008年(平成20年) タクシー2台増車(保有台数80輌)
GPS配車システム・ETC・カード決済機導入
2009年(平成21年) ドライブレコーダー導入

タクシー車両の歴史

1963年創業当時 
ブルーバード
1963年
ブルーバードから全車セドリックへ(ラジオ付)
1970年 
車色を現在のものに変更
1977年 
グロリアN230
1984年 
あんどんを丸型で黄色に変更
1989年 
小型車マツダカペラからニッサンローレルへ変更
1989年 
ブルーラインタクシー導入
1992年 
現在ニッサンセドリックQJY-31
このページの先頭へ